フリーランスエンジニアになるには?案件獲得の方法や働き方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスエンジニアと言えば、なんとなく高収入で自由な働き方ができたりするイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか?

「興味はあるけど未経験だし…。」「実際どんな働き方をしているのか分からない」そんな疑問を持っている方に向けてフリーランスエンジニアとして働くことのメリットやデメリット、案件を獲得する方法や働き方について詳しくご紹介します。



フリーランスエンジニアとは?

そもそもフリーランスエンジニアとは組織に所属せずに、1人で仕事を獲得して活動しているエンジニアのことを指します。
よく聞くお話として、高収入なイメージを持たれている方が多いと思います。実際に多くの方が、サラリーマン時代と比べて年収アップをされております。
また、近年の働き方改革の名のもと、在宅勤務など多種多様な働き方が国からも求められており、成長分野である、IT業界におけるフリーランスエンジニアは国家戦略の中核を担っております。
このような多くの方のイメージもあり、年々フリーランスエンジニアの数は増加傾向にあります。

フリーランスエンジニアとして働くメリット

フリーランスエンジニアとして働くことのメリットは大きく4つあります。

メリット①:収入を自分で管理できる

フリーランスとして働くということは、自分で報酬をみて仕事を決めることができます。
報酬の額を相手と交渉することも可能なので、自分の能力次第では報酬をアップしてもらうことも可能です。

フリーランスとして働く場合、プログラマであれば月40〜60万円、システムエンジニアであれば月60〜80万円が仕事の単価相場と言われています。
高い技術力を持っていたり、マネジメントのスキルが高ければ月収100万円を超える方もいるので、会社員と同じ仕事をしていても自分の能力に応じて収入を得ることができるのが大きなメリットです。

メリット②:自分で働き方を選ぶことができる

フリーランスエンジニアは、報酬や内容から自分の好きな仕事を選ぶことができます。
IT業界は変化の激しい世界なので、自分自身で進む道を選択することができるフリーランスは、自分でキャリアを作っていくことができる働き方の1つです。

働く時間帯も朝が良いのか夜が良いのか、働く場所はどういう場所がいいのか、自分にとって最も良い環境を選択して働くことができます。そのためプライベートの時間も自分次第で確保できるので、自分にとって1番良い働き方を選択してください。

メリット③:人間関係のストレスが少ない

会社で働く際に「職場の人間関係」というのは最もストレスの原因となりやすい問題です。
フリーランスエンジニアには上司と部下のしがらみが少ないので必要以上に周りに対して神経を使う必要はありません。案件をもらって働く以上は、社会人としての最低限のマナーや振る舞いは当然必要ですが、社内外問わず苦手な人と必ずしも仕事をする必要がなくなります。

会社の人付き合いで苦手な飲み会に行かなければならないこともなくなりますし、時間に余裕が出ることで心の余裕から、周囲との人間関係が良好になったという人の話も聞いたことがあります。

メリット④:自分のスキルアップに繋がる

自分でやらなければならないことが増えるため、エンジニアとしてだけではなくビジネスパーソンとしてスキルアップすることができます。
エンジニアとしてのスキルも向上しやすい環境になりますが、自分で案件を探して交渉したり様々な手続きをすることで、さらに業務の幅を広げることができます。
ただ、この辺の作業は手間が多い部分ですので、丸っとおまかせいただけるサービスもあります。

フリーランスエンジニアとして働く注意点

フリーランスで働くことは先にあげたように良い面ばかりでなく注意すべき点も存在します。

注意点①:収入の安定性に欠ける

自分に仕事次第で収入が決まるフリーランスの働き方は、自分の努力が収入に直結します。
また、会社員であれば1つのプロジェクトが終わればまた次のプロジェクトにというように会社が負担してくれますが、フリーランスエンジニアにはそれがありません。

フリーランスは自分が契約していた仕事が終了すれば契約終了なので、その時点で収入がなくなることから会社員に比べると収入の安定性に欠けていると言われています。仕事が途切れてしまった時に不安を吹き飛ばすくらいの強い覚悟を持っている方や、途切れてしまった場合にそのリスクを回避する方法がある方はフリーランスエンジニアに向いていえると言えます。

注意点②:エンジニア業務以外の業務をやらなければならない

フリーランスエンジニアになると、それまで会社がしてくれていた税金の手続きや、仕事を獲得するための営業活動、情報収集などを自分でやらなければなりません。
エンジニアとしての業務以外のことも自分でやらなければならないため、慣れるまでは少し面倒に感じる感じるかもしれません。

注意点③:モチベーション管理をしなければならない

フリーランスエンジニアとして働くには自発的に作業に取り組まなければなりません。
その環境に甘えるとなかなか作業が進まないこともあります。

常に自分のキャリアと向き合い、自分が何をやりたいのかを考えなければフリーランスエンジニアとしてスキルアップすることは難しいでしょう。

つまり、フリーランス=プロフェッッショナルということが大前提になるということです。
楽して、お金が儲かるなんてことは決してありませんので、勘違いしてはいけません。

とはいえ、収入保障や、アドミン業務や、メンタル管理などをサポートするサービスもあります。

未経験でもフリーランスエンジニアになれるのか

「フリーランスに興味はあるけどプログラミングなんて未経験だし。」と未経験を理由に悩まれている方も多いのではないでしょうか。
実際は未経験の方でもフリーランスエンジニアになることは可能です。
全くスキルがない未経験の状態でもフリーランスエンジニアになるために必要なことをご紹介します。

エンジニアとしての技術や知識

もちろんプログラミングの本を買ったりして自分で独学で勉強することもできますが、オンラインで学べるスクールもたくさんあるのでオススメです。最短で学びたい方向けのスクールもあります。

エンジニアとしてのスキルを身につけ、できることが増えれば増えるほどフリーランスエンジニアとしての価値が高まります。未経験者がフリーランスエンジニアとして独立するためには、スキルが非常に重要になります。

案件サイトを利用する

未経験者が仕事を得るには案件サイトの活用が必要不可欠です。
インターネットを通じて企業とフリーランスエンジニアが繋がることができるので、未経験でもできる仕事を探してみましょう。
他の仕事に比べると単価が安くなってしまうこともあるかもしれませんが未経験でも大丈夫な仕事も存在しているので、まずはそのような仕事から経験を積んでいきましょう。

最低限の社会人としてのマナーを身につける

フリーランスエンジニアとして生きていくためには、エンジニアとしてのスキルだけでなく社会人としてのビジネススキルも求められます。
クライアントと契約を結んで仕事をこなしていくため、クライアントとのメールのやり取りや、打ち合わせの時間調整など社会人として当たり前のビジネススキルは身につけておきましょう。
その積み重ねで信頼が積み重なり、新たな仕事の獲得に繋がる可能性も高まります。

フリーランスエンジニアとして成功するために

フリーランスエンジニアとして働くためには、会社員として働いていた時とはまた違った重要な秘訣があります。

人脈が大事

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得するには人脈の太さがかなり重要なポイントです。
技術的なスキルだけではなく、営業活動も重要になってくるので普段から人と積極的にコミュニケーションを取るようしておきましょう。
日頃から人脈を大切にしながら、新しい案件をキャッチできるよう常にアンテナを張っておきましょう。
また、良い案件サイトに登録をしておくことも重要です。

常に成長し続ける姿勢

変化の激しいIT業界だからこそ、常に新しい情報を仕入れて勉強を続ける姿勢がなければ仕事に対応できなくなってしまいます。今持っている知識が来年には求められていないスキルなっているかもしれません。
また、自分の技術力の高さが自分の価値向上に繋がるため常に新しい技術を学ぶ姿勢を保って自分自身のスキルアップを意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本文を読む前と後で、フリーランスエンジニアに対する考え方は変わりましたでしょうか。はたまた、思い描いていた通りでしたでしょうか。
冒頭に述べた通り、現代日本では働き方改革として、フリーランスエンジニアの存在意義が非常に強まっております。ご興味がある方は、ぜひ努力を惜しまずフリーランスエンジニアに挑戦し、収入アップやフレキシブルな働き方を実現してください。
そして、それを成功させるためにも、質の良い案件サイトを上手に活用することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加